ヒートショック現象

こんにちは、TOMOです。

2月の連休中は今季最強の大寒波襲来とメディアに散々脅かされ、都心に積雪も予想されましたが、積もるまでには至らずとりあえずホッ。しかしお昼をすぎても氷点下という寒々しい日でもありました。ある患者さんのお話では近所で梅が咲いたとの事。今週から暖かくなるという予報も出て、そろそろ春の訪れになるのか否か果たして・・・また気圧の影響か頭痛や肩こりで来院される方が例年より多く見受けられます。なかなか改善できない時は我慢なさらず早めにお越し下さいね♪

今回は寒いこの時期にしっかり頭にとどめていただきたいお話。

ヒートショック現象です。

ヒートショックとは、暖かい場所から寒い場所へ移動すると、急激な温度変化により血圧が急変し引き起こされる健康被害をいいます。主に脳卒中・脳梗塞・心筋梗塞などの疾患が挙げられ、高血圧症や動脈硬化の傾向がある方、中でも高齢の方は十分な注意が必要です。特に冬場の浴室で多発するこの現象、しっかり理解し自宅でも対処できるよう意識づけてみて下さい。

●ヒートショックを防ぐ入浴法

急激な温度を避けるために事前に浴室や脱衣所を暖めておく。浴槽に暖房がない場合はお湯をはった浴槽のフタを開けておいて温度調整。

浴槽の温度は41℃以下で。お湯につかると血管が拡張され血圧が下がる。熱めのお湯だとより血圧に負担がかかる恐れがあるため。

長時間の入浴は避ける。過度な入浴は意識混濁や脱水症状による血液の流れを悪くさせ、重大事故につながる危険がある。

浴槽から立ち上がる時はゆっくりと!血圧が急に下がりやすくなるため、めまいや意識を失うことがあるので特に注意する事!

飲酒後の入浴は避ける。飲酒をすると血圧は下がり入浴中も血管が拡張されて血圧が下がるという二重に負担がかかるため、控えるのが望ましい。また食事直後も血圧が下がっているので必ず一定時間間隔を空ける事

入浴後にからだを拭くときは背中から。体表面の1番広い背面の水分を拭き取ることで体温低下を防ぐ(以前からだを拭く順番というテーマで載せたのでご参考まで)

いつもよりほんのちょっと気をつけるだけで事故は未然に防げます。何気ない普段通りの生活を当たり前、と簡単に片づけず”気づき”と”意識づけ”を持っていただけたら幸いです。

皆様の平穏な日常生活がこれからもずっと続いてほしいという思いを込めて今回このテーマを選んでみました。

次回は3月初旬に更新予定です。最後まで読んで下さってありがとうございました。

舌癒着症

こんにちは、TOMOです。大寒も終わり今日から立春。暦の上では春を迎えます。今日は春のような暖かさですが、まだまだ寒さは続きますし、インフルエンザも猛威をふるってるので防寒・予防対策は万全に!

節分の豆まきはしましたか?子供の頃、我が家で行う豆まきはいつも”投げる”ではなく”床に転がす”でした。何せ後片付けが大変ですし(笑)その後のお楽しみは、まいた豆は拾ってトシの数だけ食べる・・ではなく、手を止めることなく小動物のように終始ボリボリほうばる。よくよく考えてみると普段なら家に置いてあっても見向きもされない豆が、何であの時ばかりは魅力的なんだろう・・・不思議ですね~

今回はちょっと医学的なお話。

【舌癒着症】という症状をご存じでしょうか?ぜつゆちゃくしょうと読みます、正式には舌・喉頭蓋・喉頭偏位症(ぜつ・こうとうがい・こうとうへんいしょう)《ADEL:Ankylogloossia with deviation of the epiglottis and larynx》

先天的に舌が通常より前に位置していると、その後ろにある喉頭蓋(器官などに食べ物や異物が入らないようにフタの役割をする)や喉頭全体が前上方へ引っ張られてしまう状態になるそうです。実はこの症状、程度の差はあれ多くの方が生まれながらに持ち合わせているのだとか。

主な具体例

・赤ちゃんが上手くおっぱいを飲めない、寝つきが悪い

・子供から大人までのいびきや睡眠時無呼吸症候群の原因etc.

治療によりこれらの症状の改善の他、呼吸が楽になり子供の精神状態を安定させる、大人の頭痛・肩こり・腰痛・冷え性などといった不定愁訴の改善も図れたりするそうです。治療法は手術のみですが、レーザーによる切開術で短時間で終了し、かつ日帰りでの退院も可能。

先日、知人が自身の睡眠の質の向上やより良い体調を求め、この手術を行いました。術後直後は好転反応で頭痛があるとか個人差はあるそうですが、翌日の起床時には呼吸しやすく頭と身体のスッキリ感が劇的に変わったらしいです。

費用については現在は保険適用外で今回に関しては15万円程だったそうです。そして残念ながらまだこの治療をできる病院は全国でも数えるほどしかありません。しかし今は健康への意識が高まってきていますし、こうした症状や治療法が確立していけば数年先にはもっとポピュラーなっているかもしれません。私にとっても非常に興味深いものでしたので今後も気にかけていきたいと思います。

最後にTさん、ネタ提供ありがとうございました。

快適な日常生活が送れるようになって良かったです♪

【質の高い睡眠】にご興味のある方はこちらをご覧ください。

https://moonmoon.biz/

次回は2月下旬に更新予定です。最後まで読んで下さってありがとうございました。

”春バテ”に注意!

こんにちは、TOMOです。

新年度に入り10日ほど経ちました。新たな環境で頑張っておられる皆様、新生活はいかがですか?頑張ろうという気持ちが強すぎて気負い過ぎないように・・まだまだ先は長いので焦らずやっていきましょう!

年度が変わっても特に変わり映えのないTOMOカイロプラクティック(笑)

変わらず皆様のお身体を全力でサポートしてまいります!

 

ちょっと今回はおからだについてのお話。

先月末あたりから急性腰痛や倦怠感を訴える方が多く見受けられるようになりました。よく季節の変わり目とはいいますが、私がこの仕事に携わっている限りでここ数年急性腰痛に関しては春先、梅雨終わり期、夏終わり~秋口の3期が特に増加傾向にあります。

どうやら過ごしづらい気候が長期にわたることで、筋肉の緊張状態が続く疲労性のものや心的ストレスが蓄積したのが主な要因ではないかと考えられます。”変わり目”は天候・気温・気圧などが不安定なため、体調維持が非常に難しいという時期なのです。

近年、気象病や季節病、最近では”春バテ”などという造語が生まれるほど特に春先の不安定な気候で体調を崩される方が増加しております。花粉症や黄砂・年度またぎの環境変化などこの時期特有の要素が気づかないうちに精神的・肉体的にジワジワとダメージを及ぼしてるのかもしれません。

独力のみで改善を図るのはなかなか難しいかもしれませんが、緩和させることは可能です。中でも自律神経系の調整は非常に大事です。興奮を促す交感神経と抑制を促す副交感神経のバランスがキモになりますので、一例ですが下記の行動を日常生活でも行ってみて下さい。

目をつむり胸とお腹に手を当てて大きくゆっくりと腹式呼吸

お風呂で湯船にゆったりつかる

ヨガ・ストレッチなどで筋肉の緊張をゆるめ、呼吸を整え

睡眠・休息・栄養を十分にとる

な~んだ、この程度かぁ・・・なんてお思いかもしれませんが、いざ実践!となるとなかなかでききれないのです。とりあえず無理なくできる範囲で継続して取り入れてみて下さい。きっとやって良かったと実感できるはずですよ♪

なお、ぎっくり腰などの急性的な腰痛の初期対処法はブログの『温熱と冷却について』に記載してますので参考にして下さい。

まだまだ不安定な天候が続きますが、皆様が『feel good と well being』でありますように。