”春バテ”に注意!

こんにちは、TOMOです。

新年度に入り10日ほど経ちました。新たな環境で頑張っておられる皆様、新生活はいかがですか?頑張ろうという気持ちが強すぎて気負い過ぎないように・・まだまだ先は長いので焦らずやっていきましょう!

年度が変わっても特に変わり映えのないTOMOカイロプラクティック(笑)

変わらず皆様のお身体を全力でサポートしてまいります!

 

ちょっと今回はおからだについてのお話。

先月末あたりから急性腰痛や倦怠感を訴える方が多く見受けられるようになりました。よく季節の変わり目とはいいますが、私がこの仕事に携わっている限りでここ数年急性腰痛に関しては春先、梅雨終わり期、夏終わり~秋口の3期が特に増加傾向にあります。

どうやら過ごしづらい気候が長期にわたることで、筋肉の緊張状態が続く疲労性のものや心的ストレスが蓄積したのが主な要因ではないかと考えられます。”変わり目”は天候・気温・気圧などが不安定なため、体調維持が非常に難しいという時期なのです。

近年、気象病や季節病、最近では”春バテ”などという造語が生まれるほど特に春先の不安定な気候で体調を崩される方が増加しております。花粉症や黄砂・年度またぎの環境変化などこの時期特有の要素が気づかないうちに精神的・肉体的にジワジワとダメージを及ぼしてるのかもしれません。

独力のみで改善を図るのはなかなか難しいかもしれませんが、緩和させることは可能です。中でも自律神経系の調整は非常に大事です。興奮を促す交感神経と抑制を促す副交感神経のバランスがキモになりますので、一例ですが下記の行動を日常生活でも行ってみて下さい。

目をつむり胸とお腹に手を当てて大きくゆっくりと腹式呼吸

お風呂で湯船にゆったりつかる

ヨガ・ストレッチなどで筋肉の緊張をゆるめ、呼吸を整え

睡眠・休息・栄養を十分にとる

な~んだ、この程度かぁ・・・なんてお思いかもしれませんが、いざ実践!となるとなかなかでききれないのです。とりあえず無理なくできる範囲で継続して取り入れてみて下さい。きっとやって良かったと実感できるはずですよ♪

なお、ぎっくり腰などの急性的な腰痛の初期対処法はブログの『温熱と冷却について』に記載してますので参考にして下さい。

まだまだ不安定な天候が続きますが、皆様が『feel good と well being』でありますように。

太一~UFOにのった少年~

こんにちはTOMOです。

ここのところ急激に気温が上がったり下がったりと、まるでジェットコースターの如く不安定な天候が続いております。体調が思わしくない方にはなおさらツラいことでしょう。そしてこの気候による体調不良の一端に自律神経系のバランスの乱れが挙げられます。自律神経が正常に働かないと倦怠感や痛み、情緒不安定など様々な悪影響を受けてしまいます。当院では骨格の歪みや筋肉の過緊張などで圧迫を受けている神経を開放し症状を緩和させていきます。だんだんと暖かくなる心地よい季節を快適に迎えられますよう、しっかりとケアしていきましょうね(^^)

さて、ワタシの親しい友人でもあり当院ホームぺージ作成に多大なご尽力をいただいた宝生明先生が、先日小説を出版致しました。

書店で実際に手に取っていただきたい価値ある一冊です。

ご興味のある方、是非読んでいただければ幸いです。

詳細はコチラでご覧になれます。

CIMG2458

『太一〜UFOに乗った少年』

宝生 明著 風雲舎刊

http://www.taichiufo.com

http://amzn.to/1huhege